手相占い 流年法。手相占いで変化やアクシデントがいつ起こるかを見る方法を流年法(りゅうねんほう)といいます。生命線、結婚線、運命線などでその時期を読み取っていきます。

手相占い 流年法

 

手相占い INDEX

恋愛成就の手相とは
運命の人に出会える手相とは
好きな人に思いが通じる手相とは
相手を信じすぎて捨てられる手相とは
手相占いで知る結婚の時期
玉の輿に乗れる手相とは
私はあげまん?さげまん?
もしかして一生独身
手相占いで知る金運と成功運
宝くじ運とギャンブル運強い手相とは
お金と縁が薄い手とは
手相占いで知る自分の天職


 

手相占いで変化やアクシデントがいつ起こるかを見る方法を流年法(りゅうねんほう)といいます。生命線、結婚線、運命線などをつかって、その時期を読み取っていきます。

結婚線の流年法

結婚線の流年法

結婚線の流年法をだすには、まず小指の付け根と感情線の付け根までの間を二等分する。その部分がだいたい33歳に相当する。
次に感情線と33歳の間をさらに二等分し、その部分を22歳とする。
さらに33歳と小指の付け根の間を二等分し、そこを55歳とする。結婚線は、その人の異性との関係などを表す線です。良い結婚線が出ている時は、心身ともに良い状態で恋愛や結婚に望めるという証明のようなものです。逆に障害が出ている時は、その時期の恋愛や結婚に問題があることを表しています。つまり良い結婚線が出ている時に結婚するのが自然であり、チャンスも多いということになります。



生命線の流年法


生命線の流年法

生命線で見る流年法は、人差し指の付け根の幅を「基準幅」として、生命線の始点(15歳)から計って最初の基準幅を21歳とします。以後基準幅ごとに、29歳、40歳、56歳、72歳と年齢を割り当てます。
その割り当てられた数字から、「何歳に何が起きるか」を知ることができます。
生命線上から中指や薬指に向かって伸びる線を「開運線」といいます。独立、開業、昇進、結婚、出産など、それまでの努力が結果の実をつける年齢の位置から出ています。「開運線」の出ている位置からも色々な出来事のだいたいの時期を知ることもできます。




運命線の流年法



運命線の流年法

運命線から、支線が出ている場合、流年法で「何歳のとき何が起こるか」がわかります。
手首の手ケイ線を15歳、中指の付け根までの中間点を30歳、そこから手ケイ線との中間点を21歳、中指付け根との中間点を56歳とします。
運命線が短い、線がない、運命線が手の平の途中から始まっている場合は、その部分を点線で補って考えましょう。
スポンサードリンク
 
 


手相の見方 INDEX 
 手相 恋愛運  手相 結婚運  手相 仕事運 手相 健康運 手相 ますかけ 結婚線 
 手相 右手左手  向上線  直感線  金星帯  財運線  運命線  健康線 
 太陽線  水星線  手相占い 流年法  手相占い 人間関係

copyright©2013 無料 手相占い  all rights reserved.